中島みゆき コンサート Concert Tour 2007 国際フォーラム 公演 レポ 12月16日

いってまいりましたメンデス三代巨匠のひとりみゆきさんの待望のライブ
前回の夜会からやっと、みゆきさんにあえるのと

ララバイシンガーのライブがなかったので本当に待ちに待ちましたー(泣)

みゆきさんはさっそうと赤のドレスに身を包み、かっこよく揺れながら歌いはじめます。

01 御機嫌如何

02 1人で生まれて来たのだから
メンデスは2/2を思い出し、ちょろっとウルっときました。

03 あなたでなければ

ウルルン滞在記のお話があって、人と人とのふれあいを通して、なにかを感じとって帰ってくるという素敵な番組テーマ曲をと依頼があり、
この曲を書きました、日曜の明日から会社なので、がんばらなきゃーというたくわえの
時間に私曲が流れるわけですが、さて、みなさんのものにはどのように届いているのでしょうか、歌ってみますねと

04 一期一会


今回の舞台セットは、時空をも昔を網羅し、世界をもすべて網羅し、かつ近未来を意識したものにしてくれーと頼んだんですが、
ごらんのとおり、やぶれたふすまのようになってしまいました。。。(笑)
日本的というか、東洋的というか。

壮大なイントロとともに奏でられた曲は
05 EAST ASIA


ここで恒例のおたよりコーナー

新婚さんで新婚旅行をしていなかったので、大阪から東京に新婚旅行気分でやってきました。チケットは嫁さんの友達がとってくれたのですが、
会場についてせきについてみると、
友人と妻のペア連席。。

僕はといえば、まったくはなれたところひとりで座ってます(泣)

さすがにみゆきさんも大笑い。

06 蕎麦屋

この舞台になった蕎麦やは今でも存在し、ぶらっと入ってみるとこの曲を書いたときの空気が、思い出されると

07 糸

08 ララバイSINGER~アザミ嬢のララバイ


~~~

いろんな人に曲を提供すれど、今回頼まれたときは、な、なんとジャニーズ事務所から、
で、アルバム製作中ですので、といったんだけど、じゃ、それでいいですから、ください。。。
ということで、アルバムのKeyの曲だったけどあげました。
デモテープは最初いつもの女性のコーラスの方にお願いしていたのですが、前日になって
Tokyoが男だということ気がつきコーラスの宮下さんに急遽お願いしましたー

今日はこんな感じで歌ったということでーということで、
ワンコーラスを宮下さん、ツーコラス目からはみゆきさんで

09 宙船(そらふね)



10 昔から雨が降ってくる


デジャヴというものを経験することはたまにはあるけれど、自分の夢で、ステージにたってイントロが流れているのに真っ白になって歌えなくなってしまった。。

そんなときに、こんな感じでイントロが流れてきたんですと

11 唇をかみしめて(吉田拓郎のCover)
かぐや姫、吉田拓郎らのつま恋コンサートに参加、ゲストなんて絶対いやだと
断ったものの、あの伝説のコンサートが見られるという安易な気持ちで参加すれど
結局はシークレットゲストということで、隔離された状態でいて、見れずに終わってしまったーと。

神妙なイントロがはじまると

12 ファイト!
次の歌はファン投票などでも人気があり、でも結構歌ってるじゃんとおもって避けたてたら、よくよく調べたら、夜会では歌ったいたけれど、ステージではなかなか歌っていないことを発見。
その曲を歌いますと


13 誕生

14 ボディ・トーク

15 I Love You,答えてくれ
いよいよお別れの曲です。
各会場におみやげの言葉をおいていきます。

今日の言葉は
「同じ時代に生まれてくれてありがとう」

16 重き荷を負いて

EC
17 本日、未熟者 ギターをもって登場です。

壮大なイントロが流れ出すと、
18 地上の星
ギターの最高潮になると

19 背広の下のロックンロール
でのしめになりました。

およそ三時間近く、トークもたっぷり、曲も王道をいくナンバーで
みゆきさんの才能でまくるのステージでした。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年12月30日 11:25
こんにちは!お久しぶりです。東京に行かれたんですね~。今回のコンサートは後半になるにつれて公演時間が長くなったみたいですね。私は3公演目だったのですが2時間35分くらいでした。みゆきさんもだんだんと喋りたいことが溜まってくるのでしょうか(笑)DVDが楽しみですね!
メンデス
2007年12月31日 17:59
おーおひさしぶりですMiss Pさん。
みゆきさんのコンサートは毎日すこしづつ違っていたようだし、話すことも
歌うこともまさに生き物ですよね。最後に同じ時代に生まれてくれてありがとうなんていわれてしまいましたが、それは僕のセリフじゃーとおもってしまいました。
2008年01月01日 00:58
あけましておめでとうございます。「同じ時代に生まれてくれてありがとう」胸に響きます・・。ほんとにこちらこそという感じですよね。夜会楽しみですね!東京は会場がまた変わるようですが、大阪はどうなるんでしょうね~。前回シアターBRAVAはすごく音がよかったですよ~。

この記事へのトラックバック

  • 西興一郎の世界の旅

    Excerpt: 西興一郎は世界ウルルン滞在記で韓国を旅している。そこで挑戦したのが、チュルタギである。直径3cmの綱の上で43の技と漫談を掛け合わせながら行うチュルタギは、「空で遊び、空で舞う漫才師」と呼ばれ、130.. Weblog: 西興一郎(にしこういちろう)アバレッドとはオレの事だ!,中島みゆき コンサート Concert... racked: 2008-01-11 06:17