松任谷由実 The Last Wednesday Tour 横浜アリーナ公演 4月15、16日

画像

Tour pamphletより

やってまいりました。メンデス

Yumingの2006年のTour,
The Last Wednesday Tour


画像

今年のステージは上手に大きくそびえたつ灯台がSettingされてありました。
そこに





1 ただわけもなく

ライトアップされたバックは流れ行く雲に見えます。

Yumingは水玉のワンピースにおおきなつばの白い帽子で登場です。

  2 セイレーン

を歌って、途中で帽子が空高く飛んでいきます。



  3 Blue Planet
  4 海に来て

ここで5月にリリースされるアルバムからの2曲が披露されると、

知らぬ間に舞台には浜辺のログハウス
そこから白い服を身にまとった男女のダンサーがYumingをはさんで、右左対照のログハウス
から出てきてほおづえつく二人。。。。

  5 夕涼み

その切ない曲とマッチするようにそのダンサーはいつしか二人手をとりあって華麗にダンス
します。

そしてまた、ここで新曲を披露

  6 哀しみのルート16

この曲が終わるとYumingもログハウスの中に入っていきます。

そして

暗転ののち、Yumingは車の上にのって登場!!
男女6人のダンサーをしたがえて
ピンクのパンツ、ピンクの髪飾りで登場


  7 稲妻の少女
  8 ルージュの伝言

60’sのにおいがぷんぷん(そのころ生まれてませんが。。メンデス。。)
する感じがしました。

Yumingもツイスト、モンキーダンス(^^;)踊りまくりです。

そして、、、

その後、僕にとっては、ショッキングなことが。。。。。。

Yumingの口から、

長年Lifeworkとしてやってきた

Surf & Snow in Zushiがその幕を下ろした。。。。。

僕にとっては衝撃の言葉でした。。。

このTourはその逗子へのオマージュ。。。。。

**********
メンデスがまだ十代だったころから、、逗子はずっと見続けていて

たくさんの思い出ありすぎです。

本当に僕の青春そのものでした。。

焼け付く夏。。しおのかおり、、、プール。。花火。。。遠くの月。。。

台風の日。

台風で波がプールまでおしよせたあの日。。。

大好きな友達みんなではしゃぎまわって大声でうたったあの日。。。


実は悲しくて、悲しくて。。。。
動揺をかくせませんでした。。。


***********

  9 シーズンオフの心には
 10 Hello,my friend

まさにあの夏。あの日の僕。。。
この曲たちとともに。。よみがえりました。。

青春はいつまでも続かない。。。
けど、心の中でいつまでもきらきら輝き続けるもの。。。
そんなことをおもってました。


その後Yumingはな、なんと、、アリーナ中心に移動!

真ん中にせりあがるサブステージがありそこで、
アンプラグドスタイルで

 11 やさしさに包まれたなら
 12 ずっとそばに

 
が披露されました。

その後、コーラス今井氏のリードで、Rapの曲とともにYumingがステージに。。

そして、あのパパイヤ鈴木の振り付けの

 13 虹の下のどしゃ降りで

ステージにダンサーと一列になったりして歌いました。

途中でYumingは、ダンサーの輪の中心に入り。。。。
気がつくと、白いコートをみにまとっていました。。。

そこで、また新曲

 14 もうここには何もない

そしてライトがまた黒い雲を。。
そしてYumingは灯台を少しづつ昇りながら

 15 TYPHOON
を披露

そして、あのイントロが流れると。。

 16 リフレインが叫んでる

灯台頂上のYumingがコートを脱ぎ頭をアップにした
スタイルで歌います。。

激しいビートが続くなか、閃光、稲妻のようなライトアップ、
スモークの中


 17 LATE SUMMER LAKE
この曲は、、本当メンデスの大好きな曲で、、逗子とリンクして離れない曲だし
大好きな人も多いこの曲。。すごくもりあがりました。

そして、強いベース。。。

そうですあの


 18 WANDERERS

ちょっと今回のふりはおとなしめでしたが、やっぱりかっちょいいです。

そして。Yumingから来場感謝のご挨拶。。

どうぞよい夏をお過ごしください。。。。

その後


 19 時空のダンス
 20 Escape


とまた新曲披露。。

その後、、懐かしいBeatとともに。。。。
あの、あの夏の花火。。逗子。。。なつのにおい。。。。。。


 21 埠頭を渡る風をステージの上や、灯台の上で、Powerfulに披露です。

メンデスは終わったあとちょっとくさいけど、
逗子のあの夏の花火、、、、心のどっかでなってました。。。
そして、それが終わったことも。。。

そして興奮さめやらぬまま幕。

そしてEC


1 守ってあげたい


YumingはTシャツ姿で。
やっぱりこの曲はほっこりします。
会場全体がやさしさに包まれました。

そして、ハウスでおなじみの曲。苗場でも披露してくれましたが、

2 Forgiveness
素敵な曲で、、じんわーんときます。。

と曲が終わると。。

あのイントロが流れると。

キターッツ

3 DESTINY

お決まりの二連打。
両手上げポーズ。
会場のほとんどの人がやってました。

====-

そして、再びYumingの挨拶が終わると。

暗転。。。

ステージにはYumingが使った車、ステージの仲間が集い。
暗転。。

写真のシャッター音とともに


ワンこまワンこま、ステージ脇のスクリーンではうつしだされます。。
それが若き日の青春を永遠にふうじこめるように。。

バックではDistinyのオルゴールが。。。。

そして車だけがのこり。。。

そこにYumingが。。。

風でとばされたいてどっかにいったはずの帽子を手にもち。。

灯台の方にすすみます。。

そして、後ろをふりかえり。。。
帽子をおきます。


あれは。多分思い出一杯の逗子への最後のお別れを意味していたんだと
そしてそれが Last Wednesday 最後の波だと。

Thanks Yuming.
Farewell unforgettable summer day
Zushi is always on my mind.


この記事へのコメント

tynfiyqo
2014年02月24日 04:19
So he rode away, and when he reached his online cash advance payday loans pbibsktpo paydaydink9.info payday loan online http://paydaydink9.info/ standing talking to some man on the.
pzlqotel
2014年03月03日 10:12
I am quite sorry to see them run about as they do andindeed it is my top tier business fake my top tier business products my top tier business download http://myonlinebusinessempirety0jh.info/ we havefastened this awful crime, beyond all possibility of question, upon theunhappy prisoner at the bar.
gezwtbsz
2014年03月19日 23:13
The fat man dislikes thembecause he uk payday loans ueuwacpskj payday loans instant payday loans http://shereyar.org an ever-varying butabsolutely interminable antiphony, which, if it exhausts their breath,serves undoubtedly to keep their spirits up.
wbfechgd
2014年03月27日 19:16
Oh, that will DS Domination Reviews ebqhfrwrep DS Domination Product DS Domination Reviews http://ds-domination.bloggyblog.org quickly done, andthe straw was all spun into gold.

この記事へのトラックバック